1. 首页
  2. 博客·通知
  3. 赤坂山のお花状況 番外編
ブログ
赤坂山のお花状況 番外編
2022/05/10
花や樹木の同定も楽しいものですが、番外編では普段あまり調べることもない、自然の中の「何でだろう?」をご紹介します。

今回の主役は「トキワイカリソウ」。
花が落ちても葉は枯れずに越冬するので、常緑の意味を持つ「トキワ」。
花の形が船の錨に似ているので「イカリ」。

上記から「トキワイカリソウ」と呼ぶこのお花。
ただ、花の形がイカリに似ていることよりも、気になって仕方ないことがありまして…。

雄しべ雌しべを花弁が筒状に包んでいて、虫が入りにくそう!

確か小学生か中学生の頃に「花粉は虫や鳥、風に運ばれて受粉します」と習ったはずです。
虫が入りやすいように、もっと花弁を開いた方がいいよ…受粉できてる?と少しヤキモキしながら観察していました。

ですが、植物は趣味でトゲを生やしたり、気分で葉っぱを緑や赤にはしません。
その植物がその形であることに、きっと何か理由があるはずです。

実は「イカリ」の先には、虫を寄せ付ける蜜がたっぷりあるんですね。
その蜜を吸うには、筒状の所から口を入れて伸ばす必要があります。

長い口を持つ蝶類やアブ類が、トキワイカリソウのお客様なんでしょうか。
他にも受粉の協力者を限定する植物はあり、トキワイカリソウにとっては「長い口を持つ」が条件なのかもしれません。
「来るものを選ぶ」タイプですね。

低山と言えども、赤坂山属する野坂山系では道迷いも発生しています。
準備はしっかりした上で、ネイチャーハイクをお楽しみください。
  • 正面すぼんでる花弁の中に雄しべと雌しべが…。
  • マキノスミレ。
  • オオバキスミレ。登山靴が当たらないように通過。